「すべては身体のバランスから。」

患者様それぞれがイメージしやすい
具体的な説明と丁寧な手技を中心とするスタイルで
治療を行っています。

タナベ整骨院

タナベ整骨院

整骨院との関わり-スポーツに打ち込んだ少年時代

高校一年までは根っからの野球少年で中学生の時には都大会に出場。突き指などの怪我が絶えず、整骨院には小学生のころから親しみをもっていました。
進学した高校の野球部では旧態然とした体制で練習に合理性を感じられず、強くなれないと考え一年で退部してしまいました。

その後アメリカンフットボール部に入部しレシーバーとして試合に出るようになります。アメリカンフットボールのぶつかり合いの魅力にのめり込んでいきました。ここでも整骨院は欠かせない場所となったのは言うまでもありません。
スポーツに打ち込んだ少年時代は整骨院に通い続ける日々でもありました。

タナベ整骨院-柔道整復師への道、そして独立開業へ

高校在学中より、子供のころからお世話になっていた近所の接骨院で受付等のアルバイトを始め、柔道整復師の免許取得後に正式採用されました。10 年間の修行をさせていただいた接骨院と先生に本当に感謝しています。
アルバイト時代に患者さん達が身体の変化していくことに感謝し、その嬉しそうな表情を実際に目の当たりにすることで高校卒業後に自らも柔道整復師を志すことを決めました。あの笑顔を自分でも作りたいと。

10年間お世話になった接骨院で患者様によっての治療効果の差異に疑問をもつようになりました。そして次第に西洋医学を中心にした数値の医療の限界に気付き、東洋医学的な身体の捉え方に興味をもち、傾倒していくようになったのです。

接骨院を辞めて、北京中医学大学気功課の門をたたき、有名な気功師に師事しました。これが現在に至る大きな出会いとなりました。自律神経や身体のバランスの重要性など現在の治療の基本はここで習得します。現在も師匠との交流は続き、研鑽を積み重ねています。

柔道整復師を志した時から決めていた独立開業を果たしました。新しいことに チャレンジすることにドキドキワクワクし。困難に立ち向かうことに生きがいを感じますね。

タナベ整骨院

タナベ整骨院

柔道整復師田邉圭から
カラダバランス整復師タナベケイへ

満を持しての独立開業をすると、これまで修行してきたことだけでは新しい患者様に対応しきれないことを実感するようになります。
自分の持つ常識や知識の狭さを実感し、患者様を納得させるには自分がまずキチンと理解していなければならないことを肝に銘じています。
患者様それぞれがイメージしやすい具体的な説明と丁寧な手技を中心とする現在の治療スタイルが確立徐々に出来上がっていきました。
「すべては身体のバランスから。」は開院当時に表明したもですが今も治療の柱として皆さんと向き合う時の指針となっています。
そして平成27年5月、「誤解のよって健康を害する人を減らし、正しいカラダの理解を社会に広め、健康な人生を送れる人を一人でも増やしたい!!」という理念を確立し、新たに待合室を「カラダBOOKカフェ」に改装して、地域の方々の健康維持の拠点となれるように運営を始めました。

タナベ整骨院

タナベ整骨院院長 タナベケイ

平成 12 年 「柔道整復師」として厚生労働大臣認可を取得
スポーツ選手を中心に治療を行う接骨院にて合計 10 年間勤務(アルバイト時代を含む)
北京中医学大学気功課で一年間学ぶ
平成20年1月31日当地に「タナベ整骨院」を開業